ページトップへ

愛知県名古屋市のカーコーティング専門店ならジェルークの「強み」のページ

STRENGTH

カーコーティングに
最適な環境を整えています

OPTIMAL ENVIRONMENT

カーコーティングや事前の磨きは、作業する環境や設備などによって最終的な仕上がりが大きく変わります。
特に、塗装面への不純物の付着は、コーティング剤の密着性や耐久性を低下させるため、コーティングの効果が大幅に下がります。
ジェルークでは、日々、作業環境を清潔に保つことはもちろん、純水ろ過装置や照明、空調などの設備にもこだわっています。

  • カーコーティングに最適な環境:空間 カーコーティングに最適な環境:空間
    空間

    コーティングや磨きを行う際は、不純物の付着していない綺麗な塗装面にする必要があるため、砂埃や雨、直射日光の当たる屋外は、最適な作業環境とは言えません。ジェルークでは、不純物の付着や紫外線のダメージから車を守るために、屋内に専用ブースを設けて作業を行います。また、床材には、粉塵が舞いやすいコンクリートではなくタイルを使用しています。

  • カーコーティングに最適な環境:純水 カーコーティングに最適な環境:純水
    純水

    洗車や脱脂作業で水道水を使用した場合、カルキやミネラルなどの不純物が多く含まれているため、水分が蒸発した際に目には見えないほどの薄いシミが塗装面に残ってしまいます。ジェルークでは、全ての工程において、純水ろ過装置を使用してろ過した純水のみを使用し、塗装面に不純物が付着していない状態で作業を進めています。

  • カーコーティングに最適な環境:温度 カーコーティングに最適な環境:温度
    温度

    空気や空気中の水分と化学反応することで硬化するカーコーティングの最適な作業環境条件は、気温が15〜25度、湿度が30%ほどと言われています。ジェルークでは、各ブースに空調を完備しており、最適な温度や湿度が保たれた環境で施工しています。また、コーティングを完全に乾燥させるために、適切な周波数の赤外線ヒーターを使用しています。

  • カーコーティングに最適な環境:照明 カーコーティングに最適な環境:照明
    照明

    照明は明るさや色によって、傷やシミ、ムラなどの見え方が異なるため、様々な照明を用意する必要があります。ジェルークでは、ブースに36個のスポットLED照明、8個のLED蛍光灯を設置し、そのほかにも作業内容に合わせて使い分けできるよう4種類の照明を備えています。これらの照明を駆使して塗装の状態を把握し、細部まで丁寧に磨きをかけていきます。

お客様の車にとって本当に
必要な
カーコーティングを
ご提案します

OPTIMAL PROPOSAL

本当に必要なカーコーティング

「日頃のメンテナンスを楽にしたい」「よくドライブに行くので、飛び石などの傷が心配・・・」「大切な車を綺麗に保ちたい」など、お客様によって車に関する悩みや想いは様々です。しかし、多くの施工会社は、お客様の悩みや想いの本質まで理解せず、売り手目線の施工を提案・施工してしまい、施工後に満足のいく効果を得られていないケースが散見されます。

本当に必要なカーコーティング

カーコーティングは、決して安価なものではないからこそ、ジェルークでは、お客様が施工後も長きにわたって、満足いただけるような施工を心がけています。そのため、車種や使用環境、コーティングの目的はもちろん、お客様自身がもつ車への想いまでしっかりとお伺いした上で、お客様にとって本当に必要かつ最適なカーコーティングや車のお手入れの方法をご提案いたします。

豊富な知識と技術、経験を
有するスタッフが施行します

SPECIALIST

カーディティーリングはとても繊細な作業であるため、
施工するスタッフが専門的な知識や技術を有するか否かで仕上がりに雲泥の差が表れます。
ジェルークは、専門的な知識や技術、20年かけて培ったノウハウを有するスタッフが施工することはもちろん、
膜厚計や温度計といった計器を使用するなど、科学的視点も取り入れながら最高品質の施工を行います。

最高品質のカーコーティングを
行うための3つのポイント

  • カーコーティングのポイント1 カーコーティングのポイント1
    ヘアライン傷さえも残さない洗車

    車の塗装面は非常にデリケートであるため、雑巾で拭くだけでも目には見えないほどの傷(ヘアライン)がついてしまいます。ジェルークでは、磨きやコーティング前に必ず行う洗車の際に、車に傷をつけないようマイクロファイバークロスを使用しています。繊維が非常に細かいマイクロファイバークロスを使用することで、一度に多くの汚れを吸着させて拭く回数を減らし、繊維によって発生してしまう傷を最小限に留めます。

    ヘアライン傷さえも残さない洗車
  • カーコーティングのポイント2 カーコーティングのポイント2
    塗装の成分を理解した磨き

    車の塗装は、色やメーカーによって配合されている成分が異なるため、塗装面の硬さに違いが生まれます。知識や経験の少ないスタッフが施工する場合、塗装面の硬さを考慮した力加減で磨くことができないため、本来削る必要のない塗装部分まで削ってしまいます。ジェルークは、長年の経験から塗装面の硬さを瞬時に判断できることはもちろん、肉眼と膜厚計で塗装面を確認しながら時間をかけて必要最低限の塗装面のみ削っていきます。

    塗装の成分を理解した磨き
  • カーコーティングのポイント3 カーコーティングのポイント3
    コーティングの効果を
    最大限に引き出す施工

    カーコーティングは、塗り方や塗る範囲、余分なコーティング剤を拭き取るタイミングが適切でないとコーティングにムラができたり、密着不良を起こすため、コーティングの効果を最大限発揮させることができません。ジェルークでは、一気にコーティング作業を進めるのではなく、塗り漏れやムラが無いよう手の感覚で確認しながら、一つひとつのパーツごとにしっかり塗り進め、コーティング剤に合わせて適切なタイミングで拭き上げていきます。

    コーティングの効果を最大限に引き出す施工
車に良い品質のコーティング剤
無溶剤と有機溶剤の特徴

車にとって良い品質の
コーティング剤しか
取り扱いません

COATING AGENT OF STICKING

多くの施工業者では、施工時間を短縮し、施工環境を問わない揮発性の高いアルコールシンナーを含む有機溶剤という種類のコーティング剤を使用しています。しかし、本来、塗装面を保護する役割を担うコーティング剤であるにも関わらず、有機溶剤は塗装面を溶解して傷つけてしまうため、シミや変質、劣化の原因になっている場合がほとんどです。
ジェルークでは、お客様からお預かりした大切なお車を傷つけず綺麗に仕上げるために、アルコールシンナーなどの有機物が含まれない無溶剤のコーティング剤を使用して施工しています。無溶剤は適切な施工環境と硬化の時間を要しますが、赤外線ヒーターを使用しながら時間をかけて硬化させていくことで、コーティング剤が塗装面に密着し、コーティング剤の効果を最大限に発揮させることができます。

無溶剤と有機溶剤の特徴